法人で使う印鑑

イメージ画像

一般的に法人印とは、会社実印、銀行印、角印、割り印の4つの総称になります。
法人の実印は会社の登記の際に、所在地の法務局に登録し、使用する時は印鑑証明を添えて使用します。
法人の実印は代表権を持つ役職者の氏名が入ったもので、一般的に代表印ともいわれます。
代表者以外の役職者のもつ役職印とは重要度が違いますから、誰でもさわれる事のないように厳しく管理されているところがほとんどです。

その他、会社では金融機関との取引もありますから、その際に使用するための専用の銀行印を用意します。
代表印を使用することもできますが、代表印は実印ですから一般的には銀行印とは分けて使用する会社が多いようです。
実印や銀行印は、丸形で外枠に社名、法人名を回文で彫り込み、
その内側に代表者名を入れる事が一般的で、銀行印は実印と区別するために一回り小さな物を作る事もあります。

会社で使う認印は角印で、社印と呼ばれる事もあります。
一般的に角形正方形の中に縦書きで社名、法人名を彫り込んだもので、まれに社名が長い場合には横書きにすることもあります。
割り印は、契約書が複数枚になる場合などに1つの文書であることを証明、保証するために捺印される印の事です。
2つの書類にまたがって捺印されるため、一般的に印章の形は縦長の半楕円形になります。
最近は割り印を代表印で行う事も多くなったため、専用の割り印をもたない会社も増えています。

このページの先頭へ